怪我、その後

怪我、その後

2回目の手術について

2018年10月4日に受けた手術で肩に埋め込んだ固定金具を取る手術を2019年2月14日(木)に受けました。

今回の交通事故による怪我の2回目の手術となります。

1回目の手術以降は肩の動きに制限がある中でリハビリをしつつ、また日常生活動作の不便さや痛みに耐えつつ4ヶ月余りを過ごしてきました。

今回の入院も前回と同じく全身麻酔による手術で約10日間の入院期間でしたが、今回は金具を取るだけの手術なので手術後の痛みも早めに消えてきて1回目よりは楽に入院生活を過ごしました。
ただし、リハビリは2回目の方が厳しく、退院までに何とか日常生活動作に困らない程度まで回復しましたがリハビリは痛みとの戦いでしたし、退院後も暫く通院リハビリが必要となります。

これが肩に埋め込まれていました。
痛いわけです。

その様な感じで仕事(農作業)への完全復帰はまだ先になりそうです。

事故はまだ終わらない?

その様な状況でまだリハビリが必要な体となっていますし、今回の事故の加害者の処罰もまだ正式に決まっていません。

入院中に検察から電話があり、相手に対する処罰感情の件を問われましたが、私の場合相手に対して良いイメージは全くないものの(逆に言うと悪いイメージしか無い)事故は起こってしまったし処罰感情自体は余り無いと検察には伝えました。

処罰感情の無し有りに関わらず今回の事故の悪質性などを考えると処罰をするには変わりないとの事でした。

治療費請求などが終わり怪我も完治してこの事故は私の中で終わりになると思います。

感謝の気持ち

手術で固定金具を取り、ロードバイクに乗れるようになったので(許可が出たので)無理の無い範囲で少しずつ乗れるようにして行きたいと思っています。

今回の事故は色々な方々が関わり、色々とお世話になっています。

心から感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Happy Cycle Lifeをご覧頂き有り難うございます。 このブログでは主に自転車や写真等の趣味について、また普段生活をしている上で気がついた事などを自由気ままに書いていこうと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。